赤毛

赤毛(1969/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 岡本喜八
製作: 三船敏郎/西川善男
脚本: 岡本喜八/広沢栄
撮影: 斎藤孝雄
美術: 植田寛
編集: 阿良木佳弘
音楽: 佐藤勝
殺陣: 久世竜
ナレーション: 中谷一郎
出演: 三船敏郎/寺田農/高橋悦史/岩下志麻/岡田可愛/吉村実子/望月優子/乙羽信子/神山繁/田村高廣/伊藤雄之助/富田仲次郎/花沢徳衛/天本英世/砂塚秀夫/浜村純/岸田森/草野大悟/浅井孝二/木村博人/三戸部スエ/左卜全/堺左千夫/長谷川弘/吉田昌史/木村豊幸/阿知波信介/木下陽夫/沢登護/常田富士男/睦五郎/山本廉/中山豊/宇野晃司/佐渡絹代/岩崎智江/地井武男/野村昇史/田中浩/津田亜矢子/北川美佳

『侍』『助太刀屋助六』の岡本喜八監督。これら2作は観ていたものの、『侍』からは思わなかった監督の喜劇的描写の真骨頂を感じ、改めて『助太刀屋助六』のコミカルな演出も思い出される。出演者では、『侍』にも出演していた三船敏郎が本作でも主演し赤毛の権三を、水戸藩士・星野監物であった伊藤雄之助が代官を演じている。伊藤雄之助は星野監物の演技とは違い、コミカルな代官を演じており、その上手さにせいかく俳優を感じる。
権三が上官の赤毛を借りて郷里の村に帰り、代官と結託した博徒駒虎(花沢徳衛)一家の支配による圧政から民衆を解放する。官軍の中で結成された赤報隊士は赤毛を被り、「年貢半減」を宣伝しながら進み、世直し一揆などで旧幕府に対して反発する民衆の支持を得ていったが、年貢半減など実現できるわけの無い新政府からは、隊長である相楽総三(田村高廣)らが勝手に触れ回ったとして切り捨てられる隊である。赤毛のお触れによって次政府に期待し沸き立つ民衆が、赤報隊士が処刑される現実に再び失望するというお話。三次(寺田農)、トミ(岩下志麻)、権三が白毛率いる官軍に殺された後、「ええじゃないか」と踊る民衆の姿にむなしい辛さが伝わってくる。そんなテーマはきっちり押さえながら喜劇で描く楽しい映画。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック