国定忠治

国定忠治(1954/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 滝沢英輔
製作: 星野和平
助監督: 関喜誉仁
脚本: 菊島隆三
撮影: 峰重義
音楽: 大森盛太郎
美術: 進藤誠吾
録音: 中村敏夫
照明: 藤林甲
編集: 長田信
製作主任: 加東義
出演:辰巳柳太/島田正吾/津島恵子/花柳小菊/野村清一郎/石山健二郎/秋月正夫/河村憲一郎/岡泰正/清水彰/久松喜世子/千早隆子/畑中蓼坡/松木悟朗/郡司八郎/波多昇/宮本曠二朗/岡田映一/大町正作/東大二朗/飯田徹/大山克巳/吉田柳児/茂木昇二郎/宮島誠/英原穣二/弘松巌/小沢慶太郎/小林俊明/坂田耕造/最上竜二郎/岡野美恵子/前田利夫/寺津四郎/杉沢勝雄/諏訪晴一/村越一二/勝木啓邦/桐ケ谷光成/新居博重/天野新一/伊藤勇/木村恵/柳田いね子/伊藤敏子/対馬衣都美/千代重二郎/久保田友吉/岸本勉/西川光子/山口京子

虐げられた庶民の中から無宿渡世と称する放蕩無頼の徒、乱世が生んだ人間社会の畸形児・国定忠治の物語。「赤城の山も今宵限り」の台詞で有名な彼の博徒となってから、対立する島の伊三郎(石山健二郎)らの殺害により一家一斉に手配を受けて、逃亡生活を必至で行うもお縄になるまでを描く。監督は『地獄の剣豪 平手造酒』の滝沢英輔。上州佐位郡国定村で農家だった長岡忠次郎(本名)は、百姓をやめ博徒の道へと進む。その度胸のよさが博徒界の人気を集め、土地の名をとり国定忠治なった男だが不器用な生き方しか出来ない。そんな忠治を演じきれる辰巳柳太郎はまさにという役であった。
本作の見所は津島恵子である。忠治と共に相思相愛でありながら結ばれない(といっても一夜の関係はあったが・・。そのために夫に責められ井戸に飛び込み自殺する)おとよを演じる。まあるいお顔が実に可愛い女優だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック