手紙

手紙(2006/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 生野慈朗
製作: 宇野康秀/大澤茂樹/高瀬哲/細野義朗/日下孝明/常田照雄
プロデューサー: 朴木浩実/橋口一成
エグゼクティブプロデューサー: 河井信哉/星野有香/大村正一郎/松山彦蔵
企画: 永江信昭/熱田俊治
製作エグゼクティブ: 依田巽
原作: 東野圭吾『手紙』(毎日新聞社刊)
脚本: 安倍照雄/清水友佳子
撮影: 藤石修
美術: 山崎輝
編集: 川島章正
音楽: 佐藤直紀
音楽プロデューサー: 志田博英
主題歌: 高橋瞳『コ・モ・レ・ビ』
照明: 磯野雅宏
挿入歌: 小田和正『言葉にできない』
録音: 北村峰晴
監督補: 川原圭敬
出演: 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/吹石一恵/尾上寛之/田中要次/山下徹大/石井苗子/原実那/松澤一之/螢雪次朗/小林すすむ/松浦佐知子/山田スミ子/鷲尾真知子/高田敏江/吹越満/風間杜夫/杉浦直樹

「男女七人夏物語」の演出流れで、明石家さんま、大竹しのぶを起用した『いこか もどろか』の生野慈朗監督。自分の学費のために兄・武島剛志(玉山鉄二)が泥棒に入り、不運にも泥棒に終わらず、殺人を犯してしまうことで残された弟・直貴(山田孝之)の加害者家族としての厳しい生涯を描く。犯罪者を抱えた家族は仕事にもつけない。剛志との関係を知られると人は離れていく。直貴はもちろんだが、彼と結婚した妻・由美子(沢尻エリカ)や娘にも差別は及ぶ。犯罪者を身内から出すことが如何に辛いことかを痛いほど感じさせてくれる。そして犯罪者は被害者だけへの償いではなく、自分の身内に及ぶ影響にまで罪を背負わなければならない。
だが、直貴には由美子やお笑い界への夢を共に追いかけた祐輔(尾上寛之)という理解者がいた。良き伴侶と親友を得られたことはこの上ない幸せだろう。由美子の思いは務めている家電量販店社長(杉浦直樹)にも伝わる。素晴らしい女性である。この手の話だと加害者家族の立場で見てしまうが、被害者家族(吹越満)のやるせない気持ちは必ずあるわけで、こちらの気持ちが優先する。
自分の生活を守るため兄を遠ざけ、これまで獄中の剛志に出してきた手紙ももう書かないと伝える。自分の犯した罪の大きさにそれを受け入れ償いを全うしようとする剛志。だが、そんな剛志のもとに刑務所慰問で漫才を披露する直貴。その舞台で兄に向けて語る想い。それを涙で受け取る剛志の姿は感動のラストである。
とにかく、この映画が犯罪への抑止に繋がってくれればいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック