トーマス・クラウン・アフェアー

トーマス・クラウン・アフェアー(1999/アメリカ)
THE THOMAS CROWN AFFAIR
評価(お奨め度)★★★★
監督: ジョン・マクティアナン
製作: ピアース・ブロスナン/ボー・セント・クレア
脚本: レスリー・ディクソン/カート・ウィマー
撮影: トム・プリーストリー
音楽: ビル・コンティ
編集: ジョン・ライト
衣裳: ケイト・ハリントン
プロダクション・デザイナー: ブルーノ・ルベノ 
出演: ピアース・ブロスナン/レネ・ルッソ/デニス・リアリー/フェイ・ダナウェイ/エスター・カニャーダス/ベン・ギャザラ/フランキー・フェイソン/フリッツ・ウィーヴァー

めちゃくちゃお洒落な映画。トーマス・クラウンを演じるP.ブロスナンとキャサリンを演じるR.ルッソの色気が知的な美術品泥棒と捜査官の攻防に大人のゲーム感覚を加味する。『ラスト・アクション・ヒーロー』『13ウォーリアーズ』『ローラーボール』『閉ざされた森』等、あれっ、どうしちゃったのという作品はあるものの『シュワルツェネッガー/プレデター』『ダイ・ハード』『レッド・オクトーバーを追え!』『ダイ・ハード3』等を監督したJ.マクティアナン監督だけのことはある。
お金に不自由しないトーマスの華麗な絵画の盗み方だけでも楽しむことが出来る。ルパン三世を楽しむのと同じである。ラストの山高帽男がいっぱい出てきて、入れ替わり立ち代り鞄を取り替え刑事をたぶらかすシーンはテンポも良く高揚する。そして、この映画にはR.ルッソの大胆な演技という魅力もある。マジで大人のロマンス映画。
スティーヴ・マックィーン、F.ダナウェイ出演の『華麗なる賭け』のリメイクである。F.ダナウェイが本作で精神分析医役で出演しているのはオリジナルへのオマージュ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック