機動戦士Zガンダム II-恋人たち-

機動戦士Zガンダム II-恋人たち-(2005/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
総監督: 富野由悠季
製作: 吉井孝幸
プロデューサー: 松村圭一/久保聡
企画: 内田健二
原作: 富野由悠季
原案: 矢立肇
脚本: 富野由悠季
撮影監督: 木部さおり
美術監督: 甲斐政俊
編集: 坂本久美子
音楽: 三枝成彰
テーマ曲: Gackt
キャラクターデザイン: 安彦良和
メカニックデザイン: 大河原邦男/藤田一己
音響監督: 藤野貞義
絵コンテ: 富野由悠季
作画監督: 恩田尚之/仲盛文/重田敦司/中島利洋/中谷誠一
スタジオ演出: 松尾衛
デジタル色彩設計: すずきたかこ
声の出演: 飛田展男/池田秀一/古谷徹/鈴置洋孝/ゆかな/池脇千鶴/川村万梨阿/岡本麻弥/勝生真沙子/浪川大輔/新井里美/井上和彦/島田敏/榊原良子/林真里花/白石冬美/小杉十郎太/浅川悠/石井康嗣/名取幸政/大塚芳忠

『機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者- 』に続く劇場版第2弾。強化人間とシンクロするようになり、いよいよニュータイプ能力が現れ始めたカミーユ・ビダン(飛田展男)。地球ではティターンズの強化人間フォウ・ムラサメ(ゆかな)と出会い、哀しき戦いの果てに彼女を失う。宇宙に戻ったカミーユはニュータイプを発揮し始め、モビルスーツもガンダムMk-IIからトランスフォーム可能なZガンダムへと乗り換える。このシリーズでは可変機が現れる。スピ-ド感もあいまってカッコ良くはなっているが、リアリティが薄れていく。戦争はもっと泥臭く悲惨なものである。そんな感じのガンダムの方が好きだ。ランバ・ラルが出てくる『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』なんて最高だ。月へのコロニー落としも、もっと深刻な作戦として描いて欲しい。カミーユとファ(新井里美)、シャア(池田秀一)とレコア(勝生真沙子)等カップルがいくつか出来ていく。だけれども、キスをする関係ながらなんか軽い。
話はジオンの残党で結成されたアクシズがモビルスーツ隊を引連れ登場して終わる。彼ら第三勢力が加わって『機動戦士Zガンダム Ⅲ-星の鼓動は愛-』へ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック