ブルドッグ

ブルドッグ(2003/アメリカ)
A MAN APART
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: F・ゲイリー・グレイ
製作: ロバート・ジョン・デガス/ヴィンセント・ニューマン/ジョーイ・ニットロ/タッカー・トゥーリー
製作総指揮: マイケル・デ・ルカ/ヴィン・ディーゼル/F・ゲイリー・グレイ/クレア・ラドニック・ポルスタイン
脚本: クリスチャン・グーデガスト/ポール・シュアリング
撮影: ジャック・N・グリーン
音楽: アン・ダッドリー
出演: ヴィン・ディーゼル/ラレンズ・テイト/ティモシー・オリファント/ジーノ・シルヴァ/ジョージ・シャーパーソン/ジャクリーン・オブラドース/ファン・フェルナンデス/スティーヴ・イースティン/ケン・ダヴィティアン

F.G.グレイは『交渉人』『ミニミニ大作戦』『Be Cool/ビー・クール』の監督でもある。次第に良くなっている監督と言える。低音渋声のハゲ男、といっても『女王陛下の007』のテリー・サヴァラスではなく、『ワイルド・スピード』『ピッチブラック』のV.ディーゼル主演によるDEAもの。麻薬取締局DEA捜査官ショーンと麻薬組織のボス・ルセロ(G.シルヴァ)との対決。ショーン達DEA捜査官の7年越しの追跡により、ようやくルセロを投獄。だが新たにディアブロが麻薬業界に名乗りを上げる。ショーンは麻薬組織に家に押し入られ妻ステイシー(J.オブラドース)が殺される。ディアブロが黒幕であると考えるショーンは捜査を進めるもステイシーを殺された復讐心に冷静な捜査が出来ず、八方塞。警察バッチも取り上げられ、休暇を命じられる。そんな中、ルセロを別刑務所に移すことを条件にディアブロを追うための情報をもらう。だが、ディアブロはルセロの腹心で全てはルセロの仕組んだものだった。ルセロ移送中に脱走されてしまい、はめられたショーン。この後ルセロ逮捕はあっけなく完了する。苦労して捕まえた悪のボスだっただけに唖然としてしまった。
ショーンはバッチを奪われてから独自で捜査するが、危険な個人的な動きに友人デミトリアス(L.テイト)を無理やり協力を要請、巻き込んでいく。「ステイシーを殺された気持ちが分かるか。お前が俺だったらどうするよ。」と真に身勝手な男だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック