花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル(2006/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 水田伸生
製作: 高田真治/平井文宏/西垣慎一郎/中村仁/松本輝起
プロデューサー: 原田文宏/佐藤貴博
エグゼクティブプロデューサー: 奥田誠治
原作: 一色まこと
脚本: 大森寿美男
撮影: 藤石修
美術: 小澤秀高
編集: 田中慎二
音楽: 岩代太郎
音楽プロデューサー: 長崎行男/高桑晶子
主題歌: サンボマスター『愛しさと心の壁』
VFXスーパーバイザー: 進威志/稲葉貞則/小田一生
VFXプロデューサー: 篠田学/高瀬巌
企画製作: 鈴木光
照明: 上田なりゆき
装飾: 西渕浩祐
録音: 小野寺修
助監督: 城本俊治/相沢淳
出演: 須賀健太/篠原涼子/西村雅彦/北村一輝/安藤希/杉本哲太/もたいまさこ/中島ひろ子/小林隆/大平奈津美/松田昴大/鬼頭歌乃/六平直政/半海一晃/濱田マリ/上田耕一 花田徳路郎

監督は『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生。漫画、アニメ大国日本なだけに、実写ドラマ化、映画化された原作がコミックであることは非常に多くなっている。本作も一色まことの人気コミックが原作である。トラックとの事故で死に昇天中だった花田一路(須賀健太)は、蚊取線香ならぬ香取聖子(安藤希)に現世に連れ戻され生き返る。臨死体験した一路は幽霊が見える能力を獲得。以後、聖子を初めこの世に未練を残す幽霊達に、一路の知らなかった父親(西村雅彦)と母親(篠原涼子)の過去、姿を教えられる。父親だと名乗る幽霊・沢井(北村一輝)の真の目的は復讐だった。だが、借金地獄から逃れようと、多額の相続可能だった一路の母親に言い寄るも相手にしてもらえず、結局死んでしまったことからの逆恨みである。そしてこの幽霊から花田家を守ろうとしているのが幽霊・聖子である。聖子は沢井の娘だったが、父親らしきこともせず、病中の娘も借金地獄対応のため、ほったらかし死なせてしまうのだ。聖子は一時的に預かってもらった、結婚する前の花田家夫婦との生活が最も幸せで感謝していたのだ。この安藤希が演じる聖子がいじらしいほど可愛い。一路の母親からもらったセーラー服を手繰り寄せ抱きしめて死ぬのは泣ける。幽霊も歳をとる。子供のころに死んでから、今ではもらったセーラー服を着ている安藤希にまで成長したのだ。
また、一路の父親は、壮太(松田昴大)の幽霊・父親(杉本哲太)と出漁していた。壮太の父親だけが亡くなった事故により漁師を辞め、タクシー運転手をすることになったのだが、そのいきさつの真相も、壮太(松田昴大)の幽霊・父親(杉本哲太)により示される。反抗的だった一路が親の素晴らしさを知る感動のストーリーだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック