トリプルX

トリプルX(2002/アメリカ/チェコ)
XXX
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: ロブ・コーエン
製作: ニール・H・モリッツ
製作総指揮: ヴィン・ディーゼル/トッド・ガーナー/アーン・シュミット/ジョージ・ザック
脚本: リッチ・ウィルクス
撮影: ディーン・セムラー
編集: クリス・レベンゾン/ジョエル・ネグロン/ポール・ルーベル
音楽: ランディ・エデルマン
主題歌: イヴ
歌: オービタル/DMX/カシーム・ディーン/JAY-Z/ギャヴィン・マグレガー・ロスデイル
出演: ヴィン・ディーゼル/サミュエル・L・ジャクソン/アーシア・アルジェント/マートン・ソーカス/マイケル・ルーフ/イヴ/ダニー・トレホ/トム・エヴェレット/トーマス・イアン・グリフィス/リッキー・ミューラー/レイラ・アルシーリ

『デイライト』『ドラゴンハート』『ステルス』のR.コーエン監督が、『ワイルド・スピード』のV.ディーゼルと再び組む。インターネットで命を懸けたスポーツシーンをビデオ録画し、販売する。そんな世界において、危険なプレーをやってのけるサンダー(V.ディーゼル)は、自らの首の後ろに彫った“xXx”の名でカリスマとなっている。だが、政府に捕らえられ、これまでの免罪と引き換えに国家安全保障局(NSA)のシークレットエージェントになることを強いられる。犯罪集団“アナーキー99”への潜入捜査をするサンダー。彼らが“サイレント・ナイト”と呼ぶ神経ガスを用いたテロを計画を知り、それを阻止すると言うストーリー。一味だと思っていたエレーナ(A.アルジェント)は実はロシアFSBのエージェントであり、後半は協力する。だが、組織のボス・ヨーギ(M.コーカス)はずっと前から彼女の正体は知っていたという。なんだよそれっていう瞬間だった。
たばこ吸ってる敵スナイパーやっつけるのに熱感知誘導ミサイルを使うのを始め、やることはでっかいサンダー。最期はサイレント・ナイトという名の由来である水に溶かせば無害化するということを、ボートごとミサイルを沈めることでやってのけて終了。
NSAのボスを演じたS.L・ジャクソンのヘアースタイルはちょっとダサかったけど、カツラという設定だったのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック