サラリーマン金太郎

サラリーマン金太郎(1999/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 三池崇史
製作: 児玉守弘
原作: 本宮ひろ志
脚本: 中園健司/原田菜緒子
撮影: 山本英夫
音楽: 前田亘輝
歌: TUBE「IN MY DREAM」
出演: 高橋克典/羽田美智子/山崎努/野際陽子/津川雅彦/榎本加奈子/保坂尚輝/水野美紀/山城新伍/秋野太作/斎藤陽子/島田智之介/森山周一郎/恵俊彰/勝村政信/田口浩正/宇崎慧

『ゼブラーマン』『着信アリ』『妖怪大戦争』、そして公開中の『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の監督三池崇史が本宮ひろ志のコミックを映画化。本宮ひろ志といえば、「サラリーマン金太郎」もそうだが、「男樹」「俺の空」などよく読んだものだ。
暴走族集団・八州連合の元頭・矢島金太郎(高橋克典)がヤマト建設会長(津川雅彦)を助けたことにより漁師をやめ、ヤマト建設社員となりサラリーマンとなり、息子・竜太(島田智之介)と生活。談合など不条理な建設業界の中で、実直な金太郎が叩かれても叩かれても立ち向かっていくおなじみの物語。
日本拳法達人で後にヤマト建設社長になるキャラクター・伊郷洋造(山崎努)東北支社長の下に金太郎が送られると共に、政界のドン(山城新伍)の圧力によるヤマト建設締め出しの体制に立ち向かっていく。談合、白紙入札という行為にはホントむかつく。このような不正に対抗すれば暴力団による脅しを行う等世の中の醜い部分を浮き彫りにする。郵便爆弾を竜太や伊郷の元に送りつけられた金太郎の怒りは爆発。ついに八州連合集合である。暴走行為により罪に問われた金太郎ではあったが、世論は彼を応援する。そして世論に後押しされ、極悪政治家、建設会社に逮捕の手が及ぶという結末。力ある悪に対しては個人的に立ち向かってもダメである。世論の波を如何に起こすかを考えなければならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 水野美紀

    Excerpt: 「水野美紀」に関する複数のブログの検索結果をマッシュアップして口コミ・評判、ショッピング情報をお届けしています Weblog: クチコミコミュニケーション racked: 2007-09-17 05:16
  • オトコの子育て 最新情報

    Excerpt: [10/26スタート]ドラマ オトコの子育て 高橋克典 主演 Weblog: オトコの子育て 最新情報 racked: 2007-09-18 22:07