劇場版∀ガンダム II 月光蝶

劇場版∀ガンダム II 月光蝶(2001/日本)
評価(お奨め度)★★☆☆☆
総監督: 富野由悠季
製作: 吉井孝幸
原作: 矢立肇/富野由悠季
撮影監督: 大神洋一
キャラクター原案: 安田朗
美術監督: 池田繁美
編集: 山森重之
音楽: 菅野よう子
メカニカルデザイン: 大河原邦男/シド・ミード
総作画監督: 菱沼義仁
録音監督: 鶴岡陽太
声の出演: 朴路美/高橋理恵子/村田秋乃/青羽剛/福山潤/渡辺久美子/稲田徹/小山剛志/子安武人/石丸博也

舞台を宇宙と月に移して、地球奪還論者ギンガナム(子安武人)達と協調論者、女王ディアナ(高橋理恵子)に従う一派との戦いを描く。
ギンガナムと手を結ぶアグリッパ卿(石丸博也)の目的は∀ガンダムとXガンダムである。この二つのモビルスーツは制御不能の恐ろしい存在だという。そして黒歴史の事実が明かされる。宇宙戦争におけるコロニー落とし、∀ガンダムが撒き散らしたウィルスのようなナノマシンが地球を滅した事実が明かされる。月光蝶とは∀ガンダムの呼ばれた名である。結局はギンガナムをやっつけ、究極兵器∀ガンダムとXガンダムを破壊し、人類共存の平和が訪れた。キエル(高橋理恵子)とディアナは相変わらず成り代わることでそれぞれ立場のストレスを解消している。
モビルスーツ能力を大きくしすぎ。戦車や戦闘機を人型にした程度の能力でいいのである。∀ガンダム一機で戦争に勝てる程戦闘力に差があると面白くない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック