ランボー

ランボー(1982/アメリカ)
FIRST BLOOD
評価(お奨め度)★★★★★
監督: テッド・コッチェフ
製作: バズ・フェイトシャンズ/シルヴェスター・スタローン
製作総指揮: マリオ・カサール/アンドリュー・ヴァイナ
原作: デヴィッド・マレル
脚本: シルヴェスター・スタローン/マイケル・コゾル/ウィリアム・サックハイム
撮影: アンドリュー・ラズロ
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: シルヴェスター・スタローン/リチャード・クレンナ/ブライアン・デネヒー/ジャック・スターレット/デヴィッド・カルーソー/ビル・マッキーニー/マイケル・タルボット/クリス・マルケイ/デヴィッド・クローリー/ドン・マッケイ/アレフ・ハンフリーズ/ジョン・マクリアム

言葉数の少ない肉体派ヒーローはS.スタローンのためにあると言っていい。脚本にも名を連ねたスタローンは自らのことを分かっているといえる。元グリーン・ベレー隊員ジョン・ランボー(スタローン)のキャラクターが強烈で、演じるスタローンがそのままキャラクターに反映している。『料理長(シェフ)殿、ご用心』のT.コッチェフ監督演出ならではというものは感じられない。
ベトナム帰りのランボーは戦友を訪ね立ち寄った町の警察署長ティーズル(B.デネヒー)に嫌がらせの警察署拘留を受ける。そこで他の警察官からも虐待を受け、ぶちきれたランボーは森へと逃走する。森に入ってはランボーの独壇場。グリーン・ベレーといえば、アメリカ陸軍特殊作戦軍のことで、陸軍兵士から志願したものが鍛えられて選抜され正規隊員となる。殆ど隊員に残れないほど選考は厳しいのだ。彼ら一人は陸軍歩兵何百人に相当する戦力を持つという。本作でも、200人の武装捜索隊を送り込んだのに、トラウトマン中佐(リチャード・クレナ)は、ランボーより200人の方が心配で、皆殺されるぞというセリフがある。原題の“最初の血”には“どちらが先にしかけたか”の意があるという。不法な越権行為でランボーをいじめた代償は大きく警察はめちゃくちゃになってしまった。
ランボーの暴れっぷりが凄いだけじゃあない。ベトナムで死と向き合いながら国のために過酷な戦争をやっとのことで帰国した帰還兵に対する本国社会の冷酷な対応。社会に馴染めない問題が描かれている。やはりシリーズの中では秀逸。
HDDのおかげで一度観た映画も録画してまた観てしまう。木曜洋画劇場で放映された本作も何度目の鑑賞になるだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック