101

101(1996/アメリカ)
101 DALMATIANS
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: スティーヴン・ヘレク
製作: ジョン・ヒューズ/リカルド・メストレス
原作: ドディ・スミス
脚本: ジョン・ヒューズ
撮影: エイドリアン・ビドル
音楽: マイケル・ケイメン
タイトルデザイン: カイル・クーパー
出演: グレン・クローズ/ジェフ・ダニエルズ/ジョエリー・リチャードソン/ジョーン・プロウライト/ヒュー・ローリー/マーク・ウィリアムズ/ジョン・シュラプネル

帰宅しTVを点けると本作が放映されていた。前に観たことのある映画だったが、また観てしまう。ただし、吹き替えバージョンで、悪役クルエラ(G.クローズ)の声は山田邦子。確かにイメージはそんな感じ。S.ヘレクは『三銃士』『陽のあたる教室』の監督である。以下、以前ホームページで書いたことです。
『101匹わんちゃん』の実写でのリメイクである。ロジャー(J.ダニエルズ)とアニタ(J.リチャードソン)はダルメシアンをそれぞれ飼っていて、互いのダルメシアンが恋仲になることにより引き合わされたカップルだが、ファッション業界に幅を利かすクルエラに押されて存在感の薄ーい二人。G.グローズは頑張っていた。よくあそこまでやると思えるほどの演技。白黒ハーフトーンのファッションもイキであった。また、101匹のダルメシアン達は語らない。『ドクター・ドリトル』や『ベイブ』の様に喋らない。喋らない代わりに(ダルメシアン以外の犬)はパントマイムをやるのである。喋って欲しかったような、欲しくないような。動物たちは喋れないものの、演技は良かった。セリフを入れないので動物達に要求される演技はハイレベル。クルエラにダルメシアン強奪を命じられたジャスパー(H.ローリー)とホーレス(M.ウィリアムズ)は『ホーム・アローン』シリーズに観られるような典型的なお間抜け悪党。体を張り、いたぶられる役クルエラを加えた三人組はまさにタイムボカンシリーズのドロンジョ様とボヤッキー、トンズラーの三悪盗賊団だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ダルメシアン 犬情報

    Excerpt: ダルメシアン(Dalmatian)はイヌの品種の一つ。白黒の模様が特徴的だが、茶色のブチを持ったダルメシアンも存在する。ディズニー映画「101匹わんちゃん」で有名。 Weblog: ダルメシアン 犬情報 racked: 2007-04-20 22:46
  • 古布 リメイク

    Excerpt: 古布を有効活用してオシャレに!情報盛りだくさん![デザイン リメイク] Weblog: 古布 リメイク ナンバーワン racked: 2007-04-29 16:26