ドラゴンヘッド

ドラゴンヘッド(2003/日本)
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: 飯田譲治
製作プロデューサー: 平野隆
製作総指揮: 近藤邦勝
共同製作総指揮: 濱名一哉/神野智
協力プロデューサー: 下田淳行
原作: 望月峯太郎
脚本: NAKA雅MURA/斉藤ひろし/飯田譲治
撮影監督: 林淳一郎
美術: 丸尾知行
編集: 大永昌弘
音楽: 池頼広
音楽プロデューサー: 百瀬慶一
VFXディレクター: 立石静
VFXプロデューサー: 浅野秀二
音響効果: 柴崎憲治
視覚効果デザイン: 樋口真嗣
照明: 豊見山明長
録音: 井家眞紀夫
助監督: 李相國
出演: 妻夫木聡/SAYAKA/山田孝之/藤木直人/近藤芳正/根津甚八/寺田農/谷津勲/大川翔太/吉岡祥仁/松重豊/奥貫薫/嶋田久作/街田しおん/角田幸恵/宮嶋剛史/原田佳奈/藤井かほり

MISIA「心ひとつ」が最後流れる時、どのように考えを落ちつかせばいいのだろうか。『NIGHT HEAD』『らせん』『アナザヘヴン』の飯田譲治監督が描く世紀末映画は人気コミックが原作。高校生の青木テル(妻夫木聡)と瀬戸アコ(SAYAKA)は修学旅行帰りに新幹線のトンネル内事故に会い、高橋ノブオを含め三人以外の全員が犠牲となる中奇跡的に生き残る。やっとのことで崩落していくトンネルから抜け出すことが出来るが、彼らが見たものは、戦争、自然破壊など傲慢に振舞った人間が結果的にもたらした核による終焉。人間はなんの目的も持たない世界を生き抜かなければならない事態ために、感情を持たずにすむための脳手術、食べ物(保存食)を用意していた。感情を持たずに生きることの哀しさ、寂しさを見出し、厳しい状況の中にあっても自分の感情だけは失わずに生きようとするテルとアコ。夢を見出せない中での唯一の希望なのかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック