とらばいゆ

とらばいゆ(2001/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 大谷健太郎
プロデューサー: 武藤起一/久保田修
エグゼクティブプロデューサー: 樫野孝人/麓一志/泉英次
脚本: 大谷健太郎
撮影: 鈴木一博
音楽: 上田禎
助監督: 横井有紀
出演: 瀬戸朝香/塚本晋也/市川実日子/村上淳/鈴木一真/徳井優/辻香緒里/あだち理絵子/山口美也子/大杉漣/鈴木一真/徳井優/千葉雅子/下山佳奈/大石純世/佐藤真弓/井坂美生/植村奈緒美/水月/戸村麻衣/中村早千水/藤丸美哉/兼松由美子/此上暁子/大野雅子/曽根利佳子/木村さゆり/小林香南江/丹下主一/北脇誠也/奏谷ひろみ/中倉彰子/中倉宏美/瀬川晶司/小野原亜希/福島龍治/大須賀淳/水戸ひねき/木全公彦

“とらばいゆ”とは仕事、職業を意味するフランス語。麻美(瀬戸朝香)と一哉(塚本晋也)夫婦の間では二人の関係が深刻化してきている。それは麻美と一哉が考える家事についての考えが違うこと。一哉は、殆ど家にいる麻美は家事を行うべきだと。しかし、女流棋士でお金を稼ぐ身である麻美にとって自分だけが家事の責任を多く負わされることには納得できない。そんな中、名人戦Bリーグでもスランプの麻美はCリーグ転落の危機。理解のない一哉との夫婦生活に問題があるとして、離婚を切り出す始末。同じリーグで将棋を指す妹・里奈(市川実日子)の方も彼氏(村上淳)と同棲しているが、元彼への嫉妬にうんざりしている。瀬戸朝香のとんがりぶりから最後可愛いく泣き出す女の子っぽい部分をさらけ出す演技が上手く魅力あるキャラクターとなっていた。そんな彼女の引き立てに塚本晋也の人の良さそうな感じが欠かせない。晩飯が食べたいのに、食卓が出来ていない。きちんと家事をやって欲しい遠慮げに要求すしているのだ。最後には、アマ将棋の段持ちであるにも関わらず、麻美のことを思って、将棋を知らない人間として振舞っていた男らしさが示される。こてこてのドラマになるようなストーリーだが、二組のカップルのいざこざは、テンポ良い会話のためセンスもいい。『約三十の嘘』『NANA』『NANA2』『ラフ ROUGH』の大谷健太郎監督作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック