007/カジノ・ロワイヤル

007/カジノ・ロワイヤル(2006/アメリカ/イギリス)
原題: CASINO ROYALE
評価(お奨め度)★★★★
監督: マーティン・キャンベル
製作: バーバラ・ブロッコリ/マイケル・G・ウィルソン
製作総指揮: アンソニー・ウェイ/カラム・マクドゥガル
原作: イアン・フレミング『007/カジノ・ロワイヤル』(東京創元社刊)
脚本: ニール・パーヴィス/ロバート・ウェイド/ポール・ハギス
撮影: フィル・メヒュー
プロダクションデザイン: ピーター・ラモント
衣装デザイン: リンディ・ヘミング
編集: スチュアート・ベアード
音楽: デヴィッド・アーノルド
テーマ曲: モンティ・ノーマン(ジェームズ・ボンドのテーマ)
主題歌: クリス・コーネル
出演: ダニエル・クレイグ/エヴァ・グリーン/マッツ・ミケルセン/ジュディ・デンチ/ジェフリー・ライト/ジャンカルロ・ジャンニーニ/サイモン・アブカリアン/カテリーナ・ムリーノ/イワナ・ミルセヴィッチ/セバスチャン・フォーカン/イェスパー・クリステンセン/クラウディオ・サンタマリア/イザック・ド・バンコレ

『マスク・オブ・ゾロ』『バーティカル・リミット』『すべては愛のために』『レジェンド・オブ・ゾロ』のM.キャンベル監督。本作は007シリーズ21作目に当たる。M.キャンベルは『007/ゴールデンアイ』に続き監督として2作目。P.ブロスナンに代わって6代目ジェームズ・ボンドを演じるは、『トゥームレイダー』『ロード・トゥ・パーディション』、さらには『ミュンヘン』でブエイクのD.クレイグ。観に行く前のD.クレイグ評判はイマイチだったが、結構いけるし、ボンドの持つクールさ、キザなところ、お洒落なところ、運動能力、セクシーさ等ちゃんと持っていると思う。「ボンド、ジェームズ・ボンド」と名乗ったり、マティーニに関するお決まりの台詞が定着する前の007成りたてで、定着したものが無いという設定が今回のストーリーなのだから、ボンドらしくないというのも致し方ないところだろう。その割にはよくやったということである。ただ、若干プレイボーイなところが、2代目ボンド・G.レイゼンビー同様弱いと思われる。だがこれも、ストーリー的な部分で仕方ないのかもしれない。G.レイゼンビーの『女王陛下の007』は、ボンドが生涯一度の結婚をするというもの。新しい妻トレイシーは殺され、悲劇で終幕となる。本作は007に任命されたばかりのボンドを描くのだが、ボンドが初めて恋に落ちるのがヴェスパー(E.グリーン)という設定。両作ともプレイボーイには描かれていないのだ。
また、ボンド・グッズもおとなしめ。ボンド・カーとしてアストン・マーチンも登場するが、ミサイルなどの装備はない。そのあたりのSF度合いを抑えているところも『女王陛下の007』と似ている。海底から宇宙までを活躍の場としてきた007のように、やや現実離れしたヒーローではなく、人間臭い。それ故、これまで求められてきたアダルトマンガの様な映画ではなく、普通のアクション映画でリアリティさも持たせた試みといえる。だけど、ポーカーゲームの場面は一番の見せ所なんだから、もう少しゲーム自体の駆け引き等面白さを描写して欲しかった。株操作で失敗したル・シッフル(M.ミケルセン)の資金を絶つための勝負ということに終わっている。ボンドとル・シッフルの勝負を楽しむ大物ぶりも少しあっても良かった。
いずれにしても、ストーリー上でもこれから007としての貫禄をつけていくことになっているわけだから、D.クレイグがボンドらしくなっていく変化を演じられるかが今後のテーマだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『007/カジノ・ロワイヤル』★★★・・

    Excerpt: 『007/カジノ・ロワイヤル』公式サイト制作データ;2006英=米=独=チェコ/SPE ジャンル;アクション上映時間;144分 監督;マーティン・キャンベル出演;ダニエル・クレイグ/エヴァ・グリーン/.. Weblog: ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ racked: 2006-12-19 10:09