男はつらいよ/夜霧にむせぶ寅次郎

男はつらいよ/夜霧にむせぶ寅次郎(1984/日本)
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: 山田洋次
製作: 島津清/中川滋弘
企画: 小林俊一
原作: 山田洋次
脚本: 山田洋次/朝間義隆
撮影: 高羽哲夫
美術: 出川三男
編集: 石井巌
音楽: 山本直純
助監督: 五十嵐敬司
出演: 渥美清/倍賞千恵子/中原理恵/佐藤B作/美保純/下絛正巳/三崎千恵子/太宰久雄/渡瀬恒彦/笠智衆/秋野太作

今回の寅さんはさして暴れ毒つくことも無く、マドンナ風子(中原理恵)に対しても最初から最後まで親心。フーテンと呼ばれてるという風子に意気投合するも、自分について来るという風子に「真面目な男と所帯を持て」と冷静な寅さんは、恋愛感情を表さない。ずっと親のように気にかけるだけ。また、『男はつらいよ』『続・男はつらいよ』から『男はつらいよ/寅次郎夢枕』『男はつらいよ/柴又慕情』で登場してきた弟分・登(秋野太作)もとうとう食堂を経営するカタギになっていた。久しぶりに再会した兄貴分に酒や肴を振舞おうとする登に「贅沢をするんじゃない」と諭す。えらく真面目な寅さんだった。一方、この後のシリーズ『男はつらいよ/柴又より愛をこめて』『男はつらいよ/寅次郎恋愛塾』『男はつらいよ/寅次郎物語』『男はつらいよ/知床慕情』にも出演する美保純があけみ役。このタコ社長の娘が結婚するのだ。タコ社長の娘さながらの演技は、テレビ放映終了後のナビゲーター山本晋也監督らが、多くはアドリブだったらしいと言っていた。だんご屋の面々もアドリブだったという。やっぽ、おばちゃん演じる三崎千恵子は演技がすごくうまいよなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

PANA
2006年10月23日 13:07
放映後の映画レビューは観ていないのですけど、あけみがとらやで花嫁衣裳を着たシーンはアドリブだったんですね。娘が嫁ぐ雰囲気をリアルに出すためにわざとそうしたんでしょうか。
YG-AKIRA
2006年10月23日 23:52
もともと監督の意思では無かったと思います。監督の考えに応える演技をしてもらうよりは、自由に演じさせたほうが生き生きとすると考えたためではないでしょうか。指示することをこなしてくれる役者なら、イメージを持ってイメージどおりに演じてもらいたいと思うでしょう。美保純のアドリブに対して三崎千恵子もアドリブで返したという。三崎千恵子のアドリブのほうが凄いと思う。

この記事へのトラックバック

  • 男はつらいよ~夜霧にむせぶ寅次郎

    Excerpt: 北海道で出会った、風子と言うフーテン娘。 その娘を想う寅さんの切ない物語 Weblog: RUU-Blog  ~後悔と反省の日々~ racked: 2006-10-08 06:18
  • 男はつらいよ/夜霧にむせぶ寅次郎

    Excerpt: <font color="green"><b>1984年製作 日本(松竹) 監督:山田洋次 出演:渥美清、中原理恵、倍賞千恵子、佐藤B作、渡瀬恒彦、.. Weblog: PANAの言いたい放題 racked: 2006-10-23 13:01