電車男

電車男(2005/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 村上正典
製作: 島谷能成/関一由/細野義朗/安永義郎
プロデューサー: 山内章弘/仁平知世/稲田秀樹
エグゼクティブプロデューサー: 市川南/小岩井宏悦
企画: 川村元気
原作: 中野独人『電車男』
脚本: 金子ありさ
撮影: 村埜茂樹
美術: 柳川和央
編集: 穂垣順之助
音楽: 服部隆之
主題歌: ORANGE RANGE『ラヴ・パレード』
映像: 吉川博文
企画協力: 春名慶
照明: 花岡正光
装飾: 臺勝隆
美術プロデューサー: 津留啓亮
録音: 田中靖志
助監督: 村上秀晃
出演: 山田孝之/中谷美紀/国仲涼子/瑛太/佐々木蔵之介/木村多江/岡田義徳/三宅弘城/坂本真/西田尚美/大杉漣

電車男(山田孝之)が最後に着ていた百式のTシャツ。やっぱオタクといえばアニメ、アニメといえばガンダムなんだ。ファッションなんて人それぞれ。自分が意識するほどみんなに見られてはいない。アキバ系ファッションも着こなす気持ちの方が大事なのだ。百式Tシャツを着て、人目を気にせずエルメスに自分の気持ちを打ち明けた電車男は一人前の男になった。男になった時、どんな趣味であろうとそれは男のロマンになる。女装趣味とかはだめだけどね。世の中のダメな男にとってはドリーミングな映画であった。電車男の積極性、社交性から女の子と上手くいくことはまず有り得ないが、エルメス(中谷美紀)がやさしかったこと、男に対して晩熟だったことが、食事から始まり付き合いが奇跡的に続くことになった。非常に可能性の低いロマンスだからこそドラマチックなのだ。ただ、インターネット情報に頼ったデートを続ける電車男に不安になる。これからの彼は違うのだろうが、なんでも最高のものを用意するのではなく、庶民的なもの、普通のこと、失敗に至ったシチュエーションも楽しむことが出来ないといかん。面白い映画だったが、デートの成り行きを見るのに疲れた。チャット仲間の「エルメスさん家行きのチケットはJTBには売ってないんだぞ。外国行くより難しいんだ。」という台詞が気に入った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック