男はつらいよ/寅次郎紙風船

男はつらいよ/寅次郎紙風船(1981/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 山田洋次
製作: 島津清/佐生哲雄
企画: 小林俊一
原作: 山田洋次
脚本: 山田洋次/朝間義隆
撮影: 高羽哲夫
美術: 出川三男
編集: 石井巌
音楽: 山本直純
助監督: 五十嵐敬司
出演: 渥美清/倍賞千恵子/音無美紀子/岸本加世子/下絛正巳/三崎千恵子/太宰久雄/佐藤蛾次郎/吉岡秀隆/前田吟/笠智衆/犬塚弘/前田武彦/東八郎/地井武男/小沢昭一

シリーズ第28作目。今回の寅さんは病死した昔の同業者・からすのつね(小沢昭一)が残した未亡人・みつえ(音無美紀子)に恋をする。「俺が死んだら、みつえと結婚してくれ」と言われて、定職に就くため、就職試験を受け、結婚後のことを夢見、その気になる寅さん。同窓会に出席し、それぞれ真っ当に仕事を持ち、家族を持つ同級生に毒づき、クリーニング屋の親父(東八郎)の店を馬鹿にする寅さんが、反省しての翌朝すぐの旅立ちだったのだろう始まって直のエピソードが後の就職活動というストーリーに上手く繋がっている。同窓会のシーンは寅さんの性格からドタバタが予想される。だがこの様子は就職試験場面と共に映画のシーンとしてわざわざ描かれない。シリーズを見てきた者は寅さんの性格からその様子は容易に頭に浮かぶ。寅さんの性格、行動は日本人の心に定着している。話は変わるが、今回のマドンナ・音無美紀子にはふられていたのかどうかははっきり分からない。寅さんの今一歩押しの足りなさに残念さが一段と残る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 男はつらいよ~寅次郎紙風船

    Excerpt: マドンナの光枝との結婚を夢見る寅さんだが、 その夢は紙風船のように破けてしまう。 Weblog: RUU-Blog  ~後悔と反省の日々~ racked: 2006-08-27 06:25