ショウタイム

ショウタイム(2002/アメリカ)
原題: SHOWTIME
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: トム・デイ
製作: ジェーン・ローゼンタール/ジョーグ・サラレグイ
製作総指揮: ブルース・バーマン/ジェームズ・ラシター/エリック・マクレオド/ウィル・スミス
原案: ジョーグ・サラレグイ
脚本: キース・シャロン/アルフレッド・ガフ/マイルズ・ミラー
撮影: トーマス・クロス
音楽: アラン・シルヴェストリ
出演: ロバート・デ・ニーロ/エディ・マーフィ/レネ・ルッソ/ペドロ・ダミアン/モス・デフ/ケン・ハドソン・キャンベル/フランキー・フェイソン/ウィリアム・シャトナー/ネストール・セラノ/ドレナ・デ・ニーロ/リンダ・ハート/T・J・クロス/ジュダ・フリードランダー/カディーム・ハーディソン

『シャンハイ・ヌーン』でもコンビ物映画を描いたT.デイ監督。本作はミッチ(R.デ・ニーロ)とトレイ(E.マーフィ)の刑事コンビ。俳優志望の警官トレイはE.マーフィが演じるべき軽いキャラ。コンビ物では対極的なキャラを配するため、ミッチは当然堅物ベテラン刑事。だが、マスコミに負い目を作ったことから彼らは捜査密着番組に出演することになる。待ってましたと番組協力を惜しまないトレイ、いやいやながら出演するミッチだった。しかし、このような題材で堅物真面目キャラを維持できるわけなく、ミッチはどんどん道化になっていた。もはやデ・ニーロ演じるキャラはどんなに堅物を気取っても道化でしかない。デ・ニーロもコメディとしての位置づけでしかないような演技。コメディであるからこそ真剣に演じて欲しかった。TV出演中の彼らの演技に「大根だ」と指導する場面はあるのだが、テレビ出演を意識したシーンとそうでないシーンの演技の違いが見出せなかった。あと敵ボスがしょぼいのと、TVプロデューサー(R.ルッソ)が脇役のように軽いために全くもってふわふわした映画になった。気楽に観る映画。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ショウタイム

    Excerpt: ** Story ******* 売れない俳優兼警官である男が不審な男を追っていると銃撃戦に出くわす。しかしソレは潜入捜査であった。警察の無線を傍受したワイドショーのカメラに暴行した男.. Weblog: ロクデナシ NEET LIFE (別館) ゚+.ヾ(´∀`*)ノ キャー。+.゚ racked: 2006-08-07 08:50