シネマの箱

アクセスカウンタ

zoom RSS スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

<<   作成日時 : 2010/05/08 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999/アメリカ)
STAR WARS: EPISODE I - THE PHANTOM MENACE
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: ジョージ・ルーカス
製作: リック・マッカラム
製作総指揮: ジョージ・ルーカス
脚本: ジョージ・ルーカス
撮影: デヴィッド・タッターサル
特撮: ILM
音楽: ジョン・ウィリアムズ
出演: リーアム・ニーソン/ユアン・マクレガー/ナタリー・ポートマン/ジェイク・ロイド/イアン・マクディアミッド/ペルニラ・アウグスト/ヒュー・クァーシー/アーメッド・ベスト/アンソニー・ダニエルズ/ケニー・ベイカー/テレンス・スタンプ/レイ・パーク/サミュエル・L・ジャクソン/オリヴァー・フォード・デイヴィス/ワーウィック・デイヴィス/フランク・オズ/ソフィア・コッポラ/キーラ・ナイトレイ/ブライアン・ブレッスド/アンドリュー・セコンブ

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』へと続く第1弾。2000年MTVムービー・アワード・アクション・シーン賞(ポッド・レース・シーン)受賞したものの、1999年ゴールデン・ラズベリー賞ワースト助演男優賞(A.ベスト)受賞を始め、多くのノミネートにより、ラズベリー賞を賑わした映画である。ジャー・ジャー・ビンクス(A.ベスト)の悪ふざけ、おっちょこちょいが確かにじゃまで、彼は余計なキャラだった。お笑い担当だが全く笑えない。『スター・ウォーズ』においては、ハン・ソロのようなユーモアを持ち合わせたキャラは貴重だった。ちょいユーモアが良かったのであって、ハリソン・フォードのクリント・イーストウッドばりのニヒルさがそれを可能としていたのである。その微妙なニュアンスは着ぐるみキャラには無理だった。しかし、全体的には楽しめる映画である。DVDを持っているのにTVで流れていたら観てしまう、いつものパターンなのだが、本作、いや本シリーズの一番の見所、すなわちタイトルが現れる最初の部分をTV放映では満足に味わえない。もちろんDVDを持ち出して最初の部分だけを見直した。本作ストーリーに話を戻すが、将来ダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年期を描く。ルーク・スカイウォーカーをジェダイに育てるオビ・ワン=ケノービ(E.マクレガー)とアナキン(J.ロイド)が出会う。だが、アナキンに魅入られるはオビ=ワンではない。オビ・ワンは、アナキンの強大過ぎる力に、ジェダイの騎士に加えるべく訓練させることを戸惑うジェダイ・マスター達と同じ考えである。ヨーダ(F.オズ)他ジェダイの騎士達の反対の意見の中、オビ・ワンの師匠クワイ=ガン・ジン(L.ニーソン)だけが、アナキンに魅入られる重要キャラ。また、『スター・ウォーズ』では欠かせないドロイド、C−3PO(A.ダニエルズ)がアナキンに組み立てられている状態の姿で登場。エピソード1の悪役はダース・モールである。R.パーク演じるダース・モールはメイク、衣装もさることながらライトセイバーも双刃でかっこ良かった。赤色のライトセイバーを扱う殺陣シーンは圧巻。ライトセイバーの殺陣シーンは『スター・ウォーズ』シリーズ一貫して楽しむ部分である。フォースを持つジェダイの騎士は死してなお伝説性を帯びなければならない。そういう意味ではクワイ=ガン・ジンも赤鬼様ダース・モールもインパクトはあった。ダース・モールには1作で死ぬことなく、カリスマを持った悪役として君臨して欲しかったが、オビ・ワン=ケノービに後を託して、今回一のヒーロー、クワイ=ガン・ジンが死ぬというストーリーに、彼一人だけ死なすわけにはいかんかったんだろう。ダース・モールは腰から真っ二つになって死んでいった。しかししかし、今にして思えば『スター・ウォーズ』旧三部作でオビ・ワン=ケノービを演じたA.ギネスは素晴らしいおじいちゃんで、お面をかぶっていたダース・ベイダーを除けば最高のジェダイの騎士だった。威厳があった。ルークの母ちゃんアミダラ王女(N.ポートマン)はいろんな服を持っている。J.ルーカス監督の着せ替え人形となったN.ポートマンの七変化も楽しむべし。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
派手で楽しめる映画ですね。
スターウォーズすべての物語の始まりということで、この時点では、色んな謎が提示されるだけで、次に期待という趣が濃かった気がします。
桃源児
2010/05/09 09:10
桃源児さん、いつもコメント有難うございます。派手さと迫力を楽しむ映画です。「ロード・オブ・ザ・リング」もそうですが、この手の映画は1作だけではもやもやです。全部観ないといけないので大変です。
YG-AKIRA
2010/06/06 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス シネマの箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる