シネマの箱

アクセスカウンタ

zoom RSS ライラの冒険 黄金の羅針盤

<<   作成日時 : 2010/01/19 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ライラの冒険 黄金の羅針盤(2007/アメリカ)
THE GOLDEN COMPASS
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: クリス・ワイツ
製作: デボラ・フォート/ビル・カラッロ
製作総指揮: トビー・エメリッヒ/マーク・オーデスキー/アイリーン・メイゼル/アンドリュー・ミアノ/ポール・ワイツ/ボブ・シェイ/マイケル・リン
原作: フィリップ・プルマン『黄金の羅針盤』(新潮社刊)
脚本: クリス・ワイツ
撮影: ヘンリー・ブラハム
視覚効果スーパーバイザー: マイケル・フィンク
プロダクションデザイン: デニス・ガスナー
衣装デザイン: ルース・マイヤーズ
編集: アン・V・コーツ/ピーター・ホーネス/ケヴィン・テント
音楽: アレクサンドル・デスプラ
出演: ニコール・キッドマン/ダコタ・ブルー・リチャーズ/サム・エリオット/エヴァ・グリーン/クリストファー・リー/トム・コートネイ/デレク・ジャコビ/ベン・ウォーカー/サイモン・マクバーニー/ジム・カーター/クレア・ヒギンズ/ジャック・シェパード/マグダ・ズバンスキー/チャーリー・ロウ/ダニエル・クレイグ
声の出演: イアン・マッケラン/フレディ・ハイモア/イアン・マクシェーン/クリスティン・スコット・トーマス/キャシー・ベイツ

『アバウト・ア・ボーイ』のC.ワイツ監督が英国文学界賞を受賞したP.プルマン原作の同名ファンタジーを映画化。パラレルワールドを描いていて、英国オックスフォードを舞台に始まる。2007年アカデミー賞及び英国アカデミー賞視覚効果賞(M.フィンクら)受賞。確かにライラ・ベラクア(D.ブルー・リチャーズ)のパンタライモン(F.ハイモア)等各々のダイモンのCGの出来は良かった。一人一人が守護精霊であるダイモンを連れている。第1作目となる本作は我々世界とは似ていて否なる世界だけを描いており、今後作で描かれるであろう世界と違いが描かれてこそ醍醐味が味わえるというもの。パラレルワールドの一つ、本作の世界では魂は本人には無く、ダイモンの中にあるという設定が物語の特徴的な部分なので、取り上げてこれ見よがしに描くことはないが、さりげない中にも丁寧な描写が必要である。その点からは見た目は良く出来ているが、登場キャラとの絡みにおいてもっとその性格なりに味を持たせられなかったかとやや残念である。ただ、原作から?の設定で、コールター夫人(N.キッドマン)のゴールデン・モンキー、アスリエル卿(D.クレイグ)のステルマリア(K.スコット・トーマス)の様なダイモンはもう変化することはないという。幼い時にはいろいろな姿になるダイモンも思春期の頃から固定してくるという。ヘスター(K.ベイツ)というダイモンと共に生きるリー・スコーズビー(S.エリオット) は年配のおっさんだが、ダイモンの姿より想像される性格が野兎であるということ。ライラの冒険に欠かせない旅の友イオレク(I.マッケラン)をひき合せたヒーロー、リーの、そのダイモンを使った外見に予想されない内面なる性格の描写はとても面白い。題名にもなっている黄金の羅針盤(アレシオメーター)が示す未来予想も重要である。セラフィナ・ペカーラ(E.グリーン)の昔の恋人がファーダー・コーラム(T.コートネイ)であることやイオレクが王の座を追われた経緯など過去を覗き見るだけでなく、イオレクの奪われた鎧スカイアイアンの在り処やダイモンと切り離されて生気を失ったビリー・コスタ(C.ロウ)の居場所等を探し出せるのだ。コールター夫人のダイモン切り離し施設は破壊出来たものの、未だダスト始め他世界との繋がりをめぐる陰謀渦巻いている。アスリエル卿のやろうとしている事こそ覗いてみたい。だがそれは続編で・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ライラの冒険 黄金の羅針盤
ライラの冒険 黄金の羅針盤 コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]ギャガ・コミュニケーションズ 2008-07-18売り上げランキング : 13899Amazonで詳&... ...続きを見る
scherzi a parte
2010/02/05 21:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライラの冒険 黄金の羅針盤 シネマの箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる